できる範囲で売掛金回収を行う

民事調停の効果

Posted on 17.03.29 by 管理者

未回収の売掛金は当然そのままにしておくわけにはいかないので、できるだけ早く債務者から回収する必要があります。当事者同士の話し合いだけで回収できるなら良いのですが、大抵の場合債務者に問題があり、支払いができない状況に陥っていることが多いので、債権者が債務者から回収するために、民事調停を行う必要があるかもしれません。当事者同士ではできない話し合いも、こうした場ならスムーズに話しを進められるでしょう。

民事調停は、債権者が債務者に対し、未回収分の債権をどう回収するかを話し合うための調停です。民事調停の特徴は、裁判所で調停委員が間を取り持つ形で話し合いが行われる点で、当事者同士だけで話し合うときとは違い、専門的な知識を持った第三者により、お互いが納得できる回収方法を提案してくれます。自分たちで弁護士を雇う必要がないので、比較的費用を抑えることができ、裁判とは違い、債権を回収していることを知られること無く話し合いができる利点があります。

民事調停を利用する際は、結論に対しての強制力を裁判所側が持てない点に気をつけましょう。仮にその場で話し合いが終わらせようとしても、お互いが調停委員が提案した意見に従わない場合、どうやっても調停を成立させることはできません。債務者と債権者がお互い歩み寄ることが、民事調停を行うための必須条件なので、話し合いができると判断できるときに利用するのをお勧めします。